プロフィール

阿部 知子(あべともこ)のプロフィール

abetomoko.jpg


現職 前衆議院議員・小児科医
所属政党 立憲民主党
当選回数 6回・神奈川12区(藤沢市・寒川町)比例区南関東ブロック選出
現在の役職 衆議院予算委員会委員、厚生労働委員会委員、原子力問題調査特別委員会委員
      超党派議連「原発ゼロの会」世話人・事務局長
      超党派議連「立憲フォーラム」副代表
      立憲民主党神奈川県第12区総支部長

趣味 食べること、料理
好きな言葉 希望

 

著書

 

『思春期外来診療室』 『臓器移植はなぜ問題か』 『眠れない夜は お母さんそばにいて』 『いのちの危機に』
『痛み癒される社会へ』『いのち愛おしむ心で』他多数

 

1948年4月24日 東京目黒の生まれ。兄一人。
子どもの頃は「洗足池」や「九品仏の森」が遊び場。兄は『窓際の トットちゃん』と同じ幼稚園を卒業するも、私は未熟児で弱く幼稚園に行けず。

 

1967年 お茶の水女子大学附属高校卒業。平塚らいてうの母校で、自由闊達な校風のなか、 多くの個性的な先生に出会う。

1974年 東京大学医学部医学科卒業。小児科医としての修行に入る(在学中は東大闘争の 最中で、社会勉強が中心)。

1977年〜1980年 稲田登戸病院小児科勤務。裏の枡形山で入院中の子ども達と遊ぶことが日課。

1980年〜1983年 国立小児病院神経科勤務。難病の子ども達が一人で闘病している姿に疑問。

1983年〜1993年 東大病院小児科勤務。母子入院で死にゆく子らのケアにかかわる。

1993年〜1994年 米国メイヨークリニック疫学部に留学。ミネソタの広い大地で牛やうさぎに感動。

1994年〜1999年 湘南鎌倉総合病院等勤務。2000年までの6年間で3回の国政選挙に立候補。

1999年〜2000年 千葉徳洲会病院院長。管理者として患者さんとの対応に苦労の日々。

2000年6月 衆議院議員選挙で初当選。衆議院議員となる。

2000年〜 湘南鎌倉総合病院非常勤勤務(思春期外来担当)。
専門は新生児から思春期までの子ども達の診療です。

 

国会議員になってからの活動記録

 

2017年
2月 千鳥ヶ淵墓苑での東部ニューギニア遺骨収集団による遺骨引渡式に参加。
3月 映画『月光』上映会開催。
4月 久しぶりの福島応援バスツアー開催。
5月 原発ゼロの会・米山隆一新潟県知事表敬訪問、柏崎刈羽原発視察。
6月 福島県立医大で福島県県民健康調査に関するヒアリングを実施。
7月 沖縄・辺野古訪問。
8月 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に出席。
9月 ロシア、ノルウェー訪問。民進党副代表就任。
 

2016年
1月 沖縄・辺野古訪問。
2月 子どもの貧困対策推進議連設立総会参加。
3月 日本医療安全学会学術総会シンポジウムで登壇。
4月 熊本地震被災地を視察。
5月 野党5党で「性暴力被害者支援法」案提出、発議者に名を連ねる。
    原子力特別委員会で高浜原発を視察。
6月 参議院選神奈川選挙区真山勇一、金子洋一両候補の応援に奔走(~7月)。
7月 福島県立医大で福島県県民健康調査に関するヒアリングを実施。
8月 民進党で津久井やまゆり園を視察。
9月 新潟県知事選・米山隆一候補(現・知事)の応援演説。
10月 原発ゼロの会・福島第一原発視察。独日議員連盟訪日団と懇談。
11月 TPP特別委員会で質問。
12月 神戸大診療医養成特別セミナーで登壇。
 

2015年
2月 ヤツコ元米原子力規制委員会(NRC)委員長と懇談。
    テレビ朝日「朝まで生テレビ」出演。
3月 LGBTに関する課題を考える議連総会に出席。
4月 本会議で国民健康保険法等改正案反対討論。
5月 国会エネルギー調査会(準備会)が第50回を迎える。
6月 内閣委員会、厚生労働委員会で女性政策、漏れた年金情報問題、派遣法で質疑。
7月 安保法案強行採決抗議集会への参加(※本会議退席)
8月 連合富山で女性政策について講演(富山市)
9月 戦争法案反対国会前集会参加。
    18日に本会議内閣不信任案提出、与党の反対多数で否決、19日安保法成立。
10月 原発ゼロの会で原子力機構RETF(東海村)等を視察。
    補助犬議連として羽田空港を訪問。
11月 陸上自衛隊高等工科学校(横須賀)視察。
12月 性暴力救援センター大阪・SACHICO他視察。
    原発ゼロの会・福島第一原発視察。

 

2014年
1月 原発ゼロの会で台湾訪問
2月 村山富市元首相に同行して韓国訪問
3月 11回目の福島応援バスツアー
   ドイツ訪問(エネルギーシフトの現状視察)
4月 ジョン・ダワー教授(歴史学)と面談(アメリカ)
5月 身体障害者補助犬推進議連による総理表敬訪問
7月 外国特派員協会で会見(憲法9条をノーベル平和賞に)
8月 立憲フォーラムが「平和創造基本法案」(仮称)草案を発表
8月 中国ハルビン訪問(第2次大戦中の731部隊・細菌戦争関係視察)
9月 北京人権フォーラムでプレゼン
   原発ゼロの会で福島第一原発を視察
10月 キューバ訪問団(日本キューバ交流400年記念)
11月 12回目の福島応援バスツアー
11月 民主党入党
12月 衆議院選挙で6期目の当選

 

2013年
1月 日本未来の党(政治団体)代表に就任
1月 原発問題やTPP問題等で米国を訪問。米連邦議会議員らと面談
4月 超党派による「立憲フォーラム」設立。副代表に就任
4月 ロシア(ウラジオストク)訪問。日ロ協会主催の日ロ極東フォーラムで発表
5月 原発ゼロの会で「廃炉促進二法案」骨子案を公表
   日本未来の党がみどりの風に合流し代表代行に就任
6月 超党派議員団(団長・野中広務元内閣官房長官)に参加し中国を訪問
6月 米国訪問。国際会議「グローバルパワーとしての日本」でパネリスト
9月 東京電力福島第一原子力発電所を視察(原発ゼロの会で)
9月 ロシア(モスクワ)訪問。日露学術報道専門家会議等に参加
10月 原発ゼロの会と有識者による「国会エネルギー調査会(準備会)」が第30回を開催
10月 超党派の「チャイルドライン支援議連」の事務局長に就任
11月 原発ゼロの会の事務局長に就任
11月 ドイツ政府・議会の招聘プログラム「エネルギー効率と再生可能エネルギー」でドイツ訪問
12月 地元後援会による「福島応援バスツアー」10回目を実施

 

2012年
2月 社民党政審会長に再任
3月 超党派による「原発ゼロの会」発足
4月 国会エネルギー調査会(準備会)立ち上げ
5月 国会エネ調準備会を立ち上げ
8月 原発ゼロの会で「原発ゼロマーク」を発表
11月 社民党を離党、日本未来の党結党に参画
12月 衆議院選挙で5期目の当選
12月 日本未来の党が分党。政治団体「日本未来の党」を設立

 

2011年
3月 東日本大震災、福島第一原発事故
   各党・政府震災対策実務者会合に参加
   江ノ電の計画停電対象から外すのに尽力
3〜9月 被災3県に相次いで視察
4月 超党派で「エネルギーシフト勉強会」を立ち上げ
5月 米国を訪問、キャンベル米国務次官補等と会談
6月 遺骨収集でサイパンへ
7月 地元から福島に慰問のバスツアーを始める
7〜8月 再生可能エネルギー促進法案超党派勉強会を立ち上げ、法案設立に尽力

 

2010年
1月 社民党政策審議会長に再任
1月 普天間基地移設問題で社民党調査団として米国を訪問
2月 普天間基地移設問題でグアム・サイパンを訪問
3月 沖縄基地問題検討委員会で阿部・服部案を提示
5月 社民党、政権を離脱
7月 普天間基地移設問題で米国を訪問、ダニエル・イノウエ上院議員らと意見交換
10月 議員活動10周年記念パーティーを開催
11月 民主議員とともに「TPP慎重に考える会」で活動開始
12月 社民党政審会長に再任

 

2009年
2月 藤沢で亀井静香議員を迎えて講演会を開催
2月 藤沢で野中広務氏を迎えて講演会を開催
5〜7月 臓器移植法改正をめぐり国会で論戦
8月 衆議院選挙で4期目の当選
9月 政権交代、新政権の「3党合意」に向け協議
10月 政府税制調査会のオブザーバー委員として成年扶養控除廃止を撤回させる
10月 服部良一議員とアフガニスタンを訪問
12月 政府の「沖縄基地問題検討委員会」の委員に就任

 

2008年
1月 岡田克也議員らとインドを訪問
4月 野党4党で後期高齢者医療制度廃止法案を作成、提出
5月 キューバからアレイダさん(チェ・ゲバラの娘さん)を招聘する実行委員会に協力
6月 「どうなる!高齢者の医療制度」(ジャパンマシニスト社)を保坂展人議員と出版
6〜7月 安全保障委員会でシリア、スーダンなどを視察
10月 「赤ちゃんを産む場所がない」(ジャパンマシニスト社)を出版

 

2007年
2月 予算委員会で築地市場移転問題を取り上げる
2〜6月 通常国会で年金記録問題を追及
8月 厚生労働委員会でドイツ・スウェーデンを視察
11月 議連事務局長として尽力した「身体障害者補助犬法改正案」が成立
12月 社民党政策審議会長に再任
12月 臓器移植法改正案(C案)を提出

 

2006年
1月 遺骨収集でフィリピン・セブ島を視察
2月 党政審会長に再選
4月〜5月 厚生労働委員会で医療制度改革関連法案を追及
5月 不正手続きが相次いだ社保庁問題で追及
7月 バンコク・タイで開かれた「アジアアスベスト会議」に出席
9月 キューバを視察
10〜11月 トヨタ、キヤノンなどが行っている偽装請負について厚生労働委員会で追及
10〜11月 リハビリ診療打ち切り措置について厚生労働委員会で追及
11月 北京で開かれた「日中平和懇談会」に出席

 

2005年 4月 厚生労働委員会で負担増の介護保険制度改正案を追及
5月 「脳死・臓器移植を考える議員の会」で米国のシューモン博士を招へい
5月 辻元清美さんを招いて藤沢で国政報告会
6月 韓国で開かれた「日韓平和シンポジウム」に参加
6月 通常国会会期延長の本会議で「酒気帯びの方は退場を」と演説
7月、10月〜12月 アスベスト被害救済問題で、「行政の責任」との答弁を引き出す。
5月〜7月、10月〜11月 障害者に負担を強いる障害者自立支援法案で追及
9月 衆院選挙で三期目の当選
10月 韓国・済州島で開かれた「アジア平和国会議員連帯会議」に参加
12月 米原子力空母の横須賀母港化抗議でアメリカ訪問

 

2004年
1月 ベトナム平和村を訪問
2〜4月 国民負担増の年金改悪法案を厚生労働委員会で追及
5月 いのち愛おしむ心で』(ゆみる出版)を出版
10月 遺骨収集でモンゴル・ノモンハンを視察
12月 遺骨収集でインドネシア・ビアク島を視察

 

2003年
1月 『痛み癒される社会へ』(ゆみる出版)を出版
2〜3月 名古屋刑務所における刑務官による暴行死事件を予算委員会、法務委員会などで追及
3月 藤沢で映画「折り梅」の上映会を開催
6月 「医療事故防止議連」を立ち上げる
5月 無名戦士の遺骨を埋葬している千鳥ヶ淵墓苑の環境整備を実現
6月 韓国で民主化・統一運動団体などと交流
7月 藤沢・湘南台に「あべともこ こどもクリニック」を開設
8月 衆議院「イラク特別委員会」の一員としてイラクを視察
11月 衆院選で二期目の当選
12月 党政策審議会会長に就任

 

2002年
1月 『いのちの危機に』(ゆみる出版)を出版
2〜4月 健康保険の患者本人負担3割など医療制度改革法案を厚生労働委員会で追及
3月 アメリカで平和団体・市民団体などと交流
6月 田英夫さんを招いて藤沢で国政報告集会を開催
8月 アメリカの市民派議員バーバラ・リーさんを招いた集会などで交流
8月 中国に進出する日本企業、現地企業などを視察
8月 フィリピンでアジアの平和団体と交流
11月 たらい回しによる赤ちゃんの死亡事件で小児救急医療について厚生労働委員会で追及、「小児救急を重点医療にする」という答弁を引き出す。
11月〜2003年2月 寒川の毒ガス(イペリット)問題を取り上げる。
12月 アメリカのイラク攻撃を前にしてイラクを視察。劣化ウラン弾被害状況を調査。

 

2001年
3月 官房機密費不正流出問題を内閣委員会で追及
6月 厚生労働委員会などで臓器移植を仲介する社団法人「臓器移植ネット」の不透明な寄付問題を取り上げる
10月 アメリカのアフガニスタン攻撃が続く中でパキスタンのペシャワールの難民キャンプなどを視察

 

2000年
7月 衆議院議員として初登院
10月 「脳死を人の死としない立場から脳死・臓器移植を考える議員の会」を立ち上げる
11月 衆議院憲法調査会で石原慎太郎東京都知事と対決
11月 藤沢で映画「ユキエ」の上映会を開催
12月 『眠れない夜はお母さんそばいにて』(ゆみる出版)を出版
12月 藤沢に後援会(あべともこと共に歩む会)を結成